August 12, 2016 / 7:16 AM / in 4 years

個人型確定拠出年金、2025年には市場規模6兆円に=フィデリティ投信

 8月12日、フィデリティ投信は、個人型確定拠出年金(個人型DC)の市場規模が今後10年で約6兆円に拡大するとの試算を発表した。写真は都内で2010年8月撮影(2016年 ロイター/Yuriko Nakao)

[東京 12日 ロイター] - フィデリティ投信は、個人型確定拠出年金(個人型DC)の市場規模が今後10年で約6兆円に拡大するとの試算を発表した。確定拠出年金法改正を受けて、専業主婦など加入対象が拡大しており、注目度が上がっているという。市場規模が約650兆円の米国とは比較にならないものの、将来性のある市場の1つになりそうだ。

個人型DCとは私的年金の一種で、現役時代に掛金を納めて運用し、老後の受給額として損益が反映された額が支払われる年金。今年5月の確定拠出年金法改正で公務員や第3号被保険者(専業主婦等)などが対象に加わった。それぞれ年間の掛金上限を設けた上で、加入が認められる。

フィデリティ投信が第3号被保険者約1万人を対象に7月実施したアンケート調査によると、第3号被保険者の21%が個人型DCに加入したい、または加入を検討していることが明らかになった。フィデリティ退職・投資教育研究所の野尻哲史所長は、対象者の加入意向などを勘案し、掛金上限額が現状のまま継続した場合、2025年には個人型DC全体の資産残高が現在の1.4兆円から、6兆円程度まで拡大する可能性が高いと試算している。

アンケート結果では、投資をしない理由として、投資に関する知識・勉強不足への不安を挙げる声が多かった。運用失敗などのリスクへの恐怖も投資行動への妨げとなっている。いかにこの「不安」を和らげられるかが、個人型DC市場拡大への鍵になりそうだと野尻氏は話している。

横田浩熙 編集:伊賀大記

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below