July 4, 2018 / 10:14 PM / 4 months ago

独首相、防衛費の継続的な増加を表明 NATO目標達成にコミット

 7月4日、ドイツのメルケル首相(写真右)とフォンデアライエン国防相(左)は、防衛費を継続的に増加させる方針を示した。4月撮影(2018年 ロイター/Fabrizio Bensch)

[ベルリン 4日 ロイター] - ドイツのメルケル首相とフォンデアライエン国防相は4日、防衛費を継続的に増加させる方針を示した。ドイツはこれまで何年にもわたり防衛費を削減しており、米国を含む他の北大西洋条約機構(NATO)加盟国から不満が出ている。

メルケル首相は議員に対し、これまでに計画された防衛費の増加を歓迎するとしながらも、ドイツの防衛費の対国内総生産(GDP)比率は他の国と比べると「明らかに十分ではない」との考えを示した。

こうした遅れを取り戻すために、メルケル首相とフォンデアライエン国防相は2024年までに防衛費の対GDP比率を1.5%に引き上げることを確約。同比率をNATOが目標に掲げる2%に将来的に引き上げることに引き続きコミットしていると述べた。

フォンデアライエン国防相によると、ドイツの防衛費は19年は40億ユーロ増の429億ユーロを計画している。増加は4年連続で、14年と比べると30%増。24年までには80%増加するとした。

19年に計画されている防衛費の対GDP比率は1.31%。ただ同比率は長期計画を踏まえると22年までに1.23%近辺に低下すると見られている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below