Reuters logo
ドイツ経済成長見通し、産業連盟が引き下げ
2014年10月23日 / 14:42 / 3年後

ドイツ経済成長見通し、産業連盟が引き下げ

[ベルリン 23日 ロイター] - ドイツ産業連盟(BDI)は、2014年の同国の経済成長率見通しを1.2─1.4%と、従来予想の1.5%から引き下げた。ただ、リセッション(景気後退)入りは見込んでいないとした。

年初に予想していた2%の成長率を大幅に下回る。

見通し悪化についてBDIは、ウクライナ情勢をめぐる欧州連合(EU)の対ロシア制裁が一因としたが、これまでのところ輸出への悪影響は他の諸国への輸出増で補われていると指摘した。

ウクライナ情勢が再び緊迫化し、ロシアからの石油と天然ガスの供給が途絶した場合は、ドイツ経済に深刻な影響を及ぼすと警告した。

BDIの幹部、マルコス・ケルバー氏は、独景気は主として投資不足に見舞われていると指摘。ユーロ圏の高い失業率および弱い成長率やウクライナと中東の情勢をめぐる緊張が投資環境を悪化させていると述べた。

「低金利と良好な資金調達環境のみでドイツ内の投資増が保証されているわけではない」とした。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below