February 14, 2018 / 9:47 AM / 8 months ago

第4四半期の独GDP速報値は前期比+0.6%、インフレは低水準

[ベルリン 14日 ロイター] - ドイツ連邦統計庁が14日に発表した2017年第4・四半期の国内総生産(GDP)速報値(季節調整済み)は前期比0.6%増となり、市場予想と一致した。輸出が好調だった。

第3・四半期のGDPは0.7%増に下方改定された。

第4・四半期は、政府支出が増加する一方、家計支出はほぼ変わらずだった。GDP統計の詳細は23日に発表される。

前年比では日数調整済みで2.9%増となり、予想の3.0%増を下回った。

2017年通年のGDPは2.2%増。日数調整済みでは2.5%増で、2011年以来の高い伸びとなった。

INGのエコノミスト、カルステン・ブルゼスキ氏は、ドイツ経済は過去36四半期のうち33四半期で平均0.5%という「素晴らしい」水準で拡大していると指摘。「過去のサイクルから判断して、少なくとも1─2年は過熱の兆候なく今のペースで拡大が続く」述べた。

同時に発表された1月のEU基準消費者物価指数(HICP)改定値は前月比1.0%低下、前年比1.4%上昇し、加熱の兆しは見られなかった。

国内基準消費者物価指数(CPI)改定値は前月比0.7%低下、前年比1.6%上昇。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below