September 7, 2018 / 4:44 AM / 2 months ago

イスラエルの芸術家、ドレスや楽器を死海に沈め「塩の結晶」作品に

 9月5日、イスラエルのアーティスト、シガリット・ランダウさん(49)は、バレリーナのドレスや靴、楽器などさまざまな物を死海に沈め、時間の経過を待って塩分の結晶で覆われた作品を作り出している。写真はロイタービデオの映像から(2018年 ロイター)

[死海(イスラエル) 5日 ロイター] - イスラエルのアーティスト、シガリット・ランダウさん(49)は、バレリーナのドレスや靴、楽器などさまざまな物を死海に沈め、時間の経過を待って塩分の結晶で覆われた作品を作り出している。

こうして死海の底に沈めて作った結晶作品の新作が、来年オーストリアのザルツブルクで展示される。

バレリーナの着るチュチュは、重さ200キロの塩の結晶をまとった彫刻のように仕上がっている。

エルサレム出身のランダウさんは子供の頃から死海をよく訪れており、浜で結晶化が「自発的に起きている」ことに着目し、作品作りを始めたと述べた。

展示は「塩の年」のテーマで、ザルツブルク近代美術館で行われる。

*見出しを修正して再送しました。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below