December 20, 2018 / 5:25 PM / a month ago

米12月フィラデルフィア地区連銀業況指数低下、雇用と今後の見通しは好調な内容

[20日 ロイター] - 米フィラデルフィア地区連銀が20日発表した12月の連銀業況指数は9.4と、前月の12.9から低下し、2016年8月以来の低水準をつけた。

フィラデルフィア連銀景況指数は中部大西洋地域の製造業活動を反映する指標だ。調査対象である域内製造業者の26%以上が、全体の製造業活動は増えたと報告。17%が減ったと回答した。

雇用は総じて増えた。調査対象の24%が雇用を増やしたとする一方、6%が減らしたとした。

向こう6カ月の見通しは明るかった。43%は製造業活動が増えるとの見方を示した。12%が減るとした。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below