for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ディーエヌエー、医療ベンチャーのアルムを292億円で子会社化へ

ディー・エヌ・エーは25日、医療ⅠCT(情報通信技術)ベンチャー、アルム(東京都渋谷区)の株式を段階的に取得し、子会社化する予定と発表した。資料写真、2012年12月(2022年 ロイター/Yuriko Nakao)

[東京 25日 ロイター] - ディー・エヌ・エーは25日、医療ⅠCT(情報通信技術)ベンチャー、アルム(東京都渋谷区)の株式を段階的に取得し、子会社化する予定と発表した。取得総額は292億5400万円。

まず、アルムの第三者割当増資を引き受け、7月に株式の37.3%を保有する見通し。その後、アルムによる自己株式の取得や消却などを経た上で、同社の坂野哲平社長が保有する普通株式を取得し、議決権の57.5%を保有する子会社とすることを想定している。将来的には、株主などとの交渉次第で、これ以上の持ち分を取得する場合もあるという。

アルムは医療・介護業界向けにデジタル医療サービスを複数展開している。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up