for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

デンソー、独拠点に不正アクセス ランサムウエアでサイバー攻撃

トヨタ自動車グループの大手自動車部品メーカー、デンソーは13日、ドイツにある販売・開発設計拠点のネットワークがランサムウエアによる不正アクセスを受けたことを明らかにした。イラスト写真。(2022年 ロイター/Dado Ruvic/Illustration )

[東京 13日 ロイター] - トヨタ自動車グループの大手自動車部品メーカー、デンソーは13日、ドイツにある販売・開発設計拠点のネットワークがランサムウエアによる不正アクセスを受けたことを明らかにした。

同社広報によると、不正アクセスを受けたのは「デンソー・オートモティブ・ドイツ」。現地時間10日に不正アクセスがあったことを確認した。現在調査中で、被害状況など詳細は公表できないとしている。現時点で事業活動に影響は出ていない。現地の捜査当局にすでに被害届を出している。

NHKの報道によれば、身代金要求型のコンピューターウイルスによるサイバー攻撃を行う犯罪グループ「Pandora」がインターネット上の闇サイトに、デンソーの機密情報を盗んで公開するとの声明を公表。声明では発注書やメール、図面など15万7000件以上、1.4テラバイトのデータがあるという。

ランサムウエアによるサイバー攻撃を巡っては、2月にもトヨタの取引先の1つ、小島プレス工業が被害を受け、トヨタが国内すべての工場を一時、操業停止する事態に追い込まれた。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up