October 31, 2018 / 3:51 AM / 18 days ago

デンソー、19年3月期営業利益見通しを小幅上方修正 増配も

[東京 31日 ロイター] - デンソー(6902.T)は31日、2019年3月期の連結営業利益を前回見通しの3900億円から3930億円へと0.8%上方修正した。税引き前利益は4270億円から4300億円へと同0.7%、当期利益は3030億円から3050億円へと同0.7%それぞれ上方修正した。

ただ、前年比では営業利益が4.8%減、税引き前利益が4.4%減、当期利益が4.9%減となっている。

同社は、予想修正の理由として、18年度第2四半期の業績や為替の実績等を勘案した結果と説明している。前提となる為替レートは、1ドル110円、1ユーロ130円としている。

同時に発表した2018年度第2四半期(4月1日─9月30日)の連結営業利益は、前年同期比25.5%減の1523億円、売上収益は同11.1%増の2兆6249億円、税引き前利益は同24.9%減の1702億円、当期利益は同26.0%減の1140億円だった。

減益となった要因として、1)前年度に発生した一過性の収益がなくなった、2)前年度との比較で費用回収タイミングのずれ、3)将来の成長領域への投資の加速──を挙げている。

また、19年3月期の年間配当を前期の130円から140円に引き上げる。

さらに600万株、300億円を上限とする自己株取得と、発行済み株式の0.77%にあたる612万3762株の消却を決議したと発表した。

田巻一彦

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below