for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

2月全国百貨店売上高は前年比10.7%減、17カ月連続マイナス

日本百貨店協会が23日発表した2月の全国百貨店売上高は、店舗数調整後で前年比10.7%減の3223億円と、17カ月連続マイナスになった。写真は都内の百貨店、2020年5月撮影(2021年 ロイター/Kim Kyung-Hoon)

[東京 23日 ロイター] - 日本百貨店協会が23日発表した2月の全国百貨店売上高は、店舗数調整後で前年比10.7%減の3223億円と、17カ月連続マイナスになった。

2月は前月(29.7%減)より減少幅が縮小し、回復の兆しは見えてきたという。ただ、コロナ禍の影響がなかった前々年(2019年2月)対比では21.9%減と、依然厳しい状況。緊急事態宣言延長により営業時間が短縮されたことや、主要顧客である高齢層が外出を控えていることに加え、前年がうるう年だったことによる営業日数の減少なども響いた。

商品別では、株高を背景に高級時計等を含む美術・宝飾・貴金属の売れ行きが増勢にあり、前年比8.9%増。また、家で過ごすことが多くなったことで、調理家電、特選食器関連などの家庭用品が0.2%増となった。

調査対象の百貨店は73社・196店舗。東京地区は前年比13.5%減と、17カ月連続マイナスとなった。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up