March 18, 2019 / 2:46 AM / 5 months ago

伊藤忠と建設的協議、社長選任など経営体制で決定ない=デサント

 3月18日、デサントは、敵対的TOB(株式公開買い付け)で同社株の保有比率が40%まで上昇した伊藤忠商事と開始した対話で、「建設的に協議していきたい」とのコメントを発表した。写真は伊藤忠のロゴ。都内で2016年11月撮影(2019年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 18日 ロイター] - デサント(8114.T)は18日、敵対的TOB(株式公開買い付け)で同社株の保有比率が40%まで上昇した伊藤忠商事(8001.T)と開始した対話で、「建設的に協議していきたい」とのコメントを発表した。

社長の選任を含むデサントの経営体制などについては「現時点で決定された事項はない」と明らかにした。

共同通信は17日、デサントの石本雅敏社長が経営体制の刷新に伴い、退任する見通しとなったと伝えた。伊藤忠の敵対的TOB成立で、トップとしての責任の明確化が不可避となったとしていた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below