for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

デサントへのTOB、現状の条件で継続する方針変わらず=伊藤忠

 2月8日、伊藤忠商事は、子会社を通じて実施しているデサント 株の公開買い付けについて「現状の条件で継続する方針に変わりない」とするコメントを発表した。写真は伊藤忠商事のロゴ。東京の同社本社前で2016年11月に撮影(2019年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 8日 ロイター] - 伊藤忠商事8001.Tは8日、子会社を通じて実施しているデサント 8114.T株の公開買い付け(TOB)について「現状の条件で継続する方針に変わりない」とするコメントを発表した。TOB終了後は「デサントの経営陣と誠意を持って対話し、企業価値向上を目指していく」としている。

デサントは7日、伊藤忠商事によるTOBに反対意見を表明し、株主にはTOBに応募しないよう求めた。デサントは反対意見を決めた根拠として「TOB成立後に伊藤忠商事の利益が優先され、デサントの企業価値が毀損する可能性が高い」、「今回のTOBは不適切な情報開示の下で行われる不誠実な提案である」ことなどを挙げている。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up