for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ソフトバンクGなど、ブラジルのオンライン教育企業に8300万ドル出資

 ソフトバンクグループが主導する投資家連合は、ブラジルのオンライン教育サービスを手掛ける新興企業デスコンプリカに4億5000万レアル(8300万ドル)を出資した。デスコンプリカが18日明らかにした。写真はソフトバンクのロゴ。都内で2017年7月撮影(2021年 ロイター/Issei Kato)

[サンパウロ 18日 ロイター] - ソフトバンクグループが主導する投資家連合は、ブラジルのオンライン教育サービスを手掛ける新興企業デスコンプリカに4億5000万レアル(8300万ドル)を出資した。デスコンプリカが18日明らかにした。

デスコンプリカは2011年、大学入試や公務員試験のオンライン予備校として創業し、昨年にはオンラインの学士コースも開始。新型コロナウイルスのパンデミックを背景に、今後もオンライン教育需要の増大を見込んでいる。

同社のマルコ・フィスベーン創業者兼最高経営責任者(CEO)は「われわれはブラジル最大の(オンライン)大学をつくり、100%デジタル授業を通じて、短期間に100万人の学生数を達成したい」と述べた。

ソフトバンクグループのほか、インバス・グループ、チャン・ザッカーバーグ・イニシアティブやロックバンド「U2」ギタリストのジ・エッジなどが出資者に名を連ねている。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up