Reuters logo
ドイツ銀行のアハライトナー監査役会会長、続投に意欲
April 8, 2016 / 4:56 AM / 2 years ago

ドイツ銀行のアハライトナー監査役会会長、続投に意欲

[フランクフルト 7日 ロイター] - ドイツ銀行 のパウル・アハライトナー監査役会会長は、自身の続投に反対する声が株主の間で出ているとの見方を否定した。

同会長の任期は2017年に切れる。

同会長は、独週刊誌ビルトシャフツ・ボッヘとのインタビューで「匿名の指摘が繰り返し出ているが、株主との突っ込んだ議論の場でこうした要求が出たことはない」と発言。今年、選挙があれば再選を目指す方針を示した。

アハライトナー氏をめぐっては、カタールの投資ファンドであるパラマウント・サービシズ・ホールディングスが、同氏への支持を取り下げたと報じられたが、パラマウントは先週、この報道を否定した。

アハライトナー氏は昨年7月に最高経営責任者(CEO)をアンシュー・ジェイン氏からジョン・クライアン氏に交代させたが、ドイツ銀は昨年の決算で過去最大の赤字を計上。市場に衝撃が広がった。

同行の株価は過去1年で57%下落しており、他の一部の株主からも、経営体制への批判が出ている。

アハライトナー氏は、クライアン氏が長期間CEOにとどまると予想。「(クレイトン氏は)再編を成し遂げ、CEOとして労働の果実を手にしたいと考えるはずだ」と述べた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below