for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ドイツ銀、第2四半期は赤字も投資銀行好調 収入見通し小幅上方修正

7月29日、ドイツ銀行が発表した第2・四半期決算は、株主に帰属する純損益が7700万ユーロ(約9030万ドル)の赤字だった。香港のドイツ銀店舗前で2019年7月撮影(2020年 ロイター/Tyrone Siu)

[フランクフルト 29日 ロイター] - ドイツ銀行DBKGn.DEが29日発表した第2・四半期決算は、投資銀行部門が好調で赤字幅を抑制、収入見通しも小幅上方修正した。これを受けて株価は上昇して推移している。

株主に帰属する純損益が7700万ユーロ(約9030万ドル)の赤字だった。新型コロナウイルス危機の中、事業再編コストがかさんだ。損失額は、前年同期の33億ユーロからは縮小した。

コロナ危機による経済への打撃を考慮し、貸倒引当金は7億6100万ユーロとし、前年同期の1億6100万ユーロから拡大した。

投資銀行部門の収入は46%増と好調で、債券・為替は39%の増収を確保した。

ドイツ銀行は通年の総収入について「実質的に横ばい」の見通しとした。「若干の減少」を見込んでいた従来予想を上方修正した。

ドイツ銀ではこの5年間に損失計上が続いたことを受けて、大々的な事業再編に取り組んでいる。アナリストは、2020年通年の赤字を予想している。

経営陣やアナリストからは、1年前からのリストラが奏功しているとの声がでている。コンサルティング会社オピマスのオクタビオ・マレンツィ最高経営責任者(CEO)は「死の淵から帰還したようだ」との見方を示した。

ドイツ銀のジェームズ・フォンモルトケ最高財務責任者(CFO)は電話会見で、今年の税引き前業績目標達成への努力を続けていると表明した。

*内容を追加しました。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up