July 24, 2019 / 8:53 AM / a month ago

UPDATE 1-ドイツ銀、第2四半期は35.1億ドルの赤字 リストラ費用計上

(情報を追加します)

[フランクフルト 24日 ロイター] - ドイツ銀行が24日発表した第2・四半期決算は、純損益が31億5000万ユーロ(35億1000万ドル)の赤字となった。大規模なリストラ費用を計上したことが背景。

ドイツ銀は今月、1万8000人の人員削減や74億ユーロの費用を含む事業再編計画を発表した。この際に第2・四半期は約28億ユーロの赤字となるとの見通しを示していたが、きょう発表された赤字額はこの見通しよりも大幅だった。

前年同期は4億0100万ユーロの黒字だった。

ゼービング最高経営責任者(CEO)は24日、同行が戦略実施に向けた重要な措置を講じていると述べた。「リストラ費用のかなりの部分は第2・四半期に既に消化されている」と説明した。

すでに900人以上に解雇の意向が告げられたという。

純収入は6%減の62億ユーロ。同行のウェブサイトに掲載されたコンセンサス予想によると、アナリストの予想平均は63億ユーロだった。

ドイツ銀は2019年の収入が前年の水準を下回るとの見通しを示した。

第2・四半期は、稼ぎ頭の債券トレーディング部門の収入は4%減少した。株式セールス・トレーディングの収入は32%減となり、投資銀行の低迷が続いていることを示した。

投資銀行部門の第2・四半期の純収入は18%減少した。

ドイツ銀行の株価は5%下落。

ゼービングCEOは従業員向けの文書で、第2・四半期は投資銀行部門が「強い逆風」に見舞われたとした上で「今後は、これまでよりも明るい気持ちで前を向ける」と述べた。

同行の事業再編計画を巡っては、一部の株主から、厳しい競争環境と低金利に直面するドイツ銀が経営を立て直すには不十分な措置だとの声が聞かれるほか、株主から追加的な資金調達をしないという従来の約束をほごにするのではないかとの懸念も浮上している。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below