for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ドイツ銀、第3四半期は黒字転換 投資銀行部門の見通し引き上げ

[フランクフルト 28日 ロイター] - ドイツ銀行が28日に発表した第3・四半期決算は、株主帰属損益が黒字に転換した。投資銀行部門の収入見通しも引き上げた。同行は、新型コロナウイルス禍の中、組織再編に取り組んでいる。

第3・四半期の株主帰属利益は1億8200万ユーロ(約2億1500万ドル)。前年同期は9億4200万ユーロの赤字だった。

同行が四半期ベースで黒字となるのは、2019年第1・四半期以来。今回は、投資銀行部門の好調さに一部支えられた。

投資銀行部門は収入が43%増加した。債券・為替は47%増収だった。

ドイツ銀行は、2020年の投資銀行部門の収入について「かなり増加する」との見通しを示した。以前は「増加する」としていた。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up