for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ドイツテレコム、第1四半期収益は予想上回る Tモバイルが寄与

 5月13日、独通信大手ドイツテレコムが発表した第1・四半期決算は、コア利益と売上高が市場予想を上回った。ドイツ・ボンで2019年2月撮影(2022年 ロイター/Wolfgang Rattay)

[13日 ロイター] - 独通信大手ドイツテレコムが13日発表した第1・四半期決算は、コア利益と売上高が市場予想を上回った。米国部門のTモバイルが欧州事業とともに業績を押し上げた。

リース後の利払い・税・償却前利益(EBITDA・AL)は98億7000万ユーロ(102億6000万ドル)で、同社が公表したアナリストのコンセンサス予想95億5000万ユーロを上回った。

売上高は6.2%増の280億ユーロとなり、コンセンサス予想の278億7000万ユーロをわずかに上回った。

同社はこれを受け、2022年の調整後EBITDA・AL予想を従来の約365億ユーロから366億ユーロ以上に引き上げた。

グループ売上高の5分の3を占めるTモバイルはスプリントとの合併後、第5世代(5G)サービスの展開に伴い、契約者を増やしている。最新の四半期では、月払いの顧客が130万人増え、契約者数は1億0950万人に達した。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up