December 28, 2016 / 5:09 AM / in 3 years

タイ警察、仏教寺院住職の逮捕断念 多数の信者に阻まれ

 12月27日、タイ警察はバンコク郊外にあるタンマガーイ寺院で、資金洗浄に関与した疑いがある著名な仏教僧の逮捕を試みたが、大勢の信者らに阻まれて境内に入ることができず、逮捕を断念した。写真は寺院の門に集まった僧侶ら(2016年 ロイター/Chaiwat Subprasom )

[バンコク 27日 ロイター] - タイ警察は27日、バンコク郊外にあるタンマガーイ寺院で、資金洗浄(マネーロンダリング)に関与した疑いがある著名な仏教僧の逮捕を試みたが、大勢の信者らに阻まれて境内に入ることができず、逮捕を断念した。

タンマガーイ寺院には熱心な信者も多く、影響力のある政治家や実業家からも支持されている。一方で、宗教を金儲けの道具に使っているとの批判もある。

タイの司法長官は11月、マネーロンダリングへの関与と盗品を受け取った容疑で同寺院の住職、プラタマチャヨー僧と他の4人を起訴する方針を示した。住職側は、政治的な動機だとして、容疑を否定した。住職は、タクシン元首相と関係が深いことで知られている。

ロイターの記者は27日、数百人の僧や信者が寺院の中にいるのを確認。入り口を封鎖する者や、お経を唱える者などがいた。寺院によると、境内には約1万人がいたという。

警察は寺院の外側に置かれた金属製のフェンスを撤去したものの、午後には現場から撤収した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below