October 30, 2018 / 12:01 AM / 21 days ago

インドのダイヤ商、社員に車600台やアパートを贈呈

 10月26日、11月7日のヒンズー教の祭り「ディワリ」を控え、インドのグジャラート州で25日、ダイヤモンド商のサバジ・ドラキア氏が、経営する会社の社員に600台の自動車や現金、アパートなどの贈り物を振舞った。インドでは、ディワリの前に贈り物をする習慣がある(2018年 ロイター)

[ニューデリー 26日 ロイター] - 11月7日のヒンズー教の祭り「ディワリ」を控え、インドのグジャラート州で25日、ダイヤモンド商のサバジ・ドラキア氏が、経営する会社の社員に600台の自動車や現金、アパートなどの贈り物を振舞った。インドでは、ディワリの前に贈り物をする習慣がある。

この会社はハリ・クリシュナ・エクスポーター。経営者のドラキア氏はディワリに社員に高級な贈り物をすることで知られており、2016年にはアパート数百戸を贈っている。

今年贈られた自動車600台は、ショールームでの価格で合計200万ドル(約2億2500万円)を超えるという。

この日、戸外で盛大に開催された贈呈式では、グジャラート州が地元のモディ首相もビデオを通じて挨拶し、ニューデリーで一部社員に車のカギを手渡すなどした。

ドラキア氏はフェイスブックに、「このプログラムの目的は、社員の会社に対する忠誠と献身を賞賛することだ」と投稿した。

インドでは下半期に複数のヒンズー教の祭りがあり、贈り物が経済の押し上げ要因となる。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below