for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

豪テルストラ、デジセル買収を交渉 豪政府が資金の大半拠出へ

[キャンベラ 19日 ロイター] - 豪通信大手テルストラは19日、太平洋地域の携帯通信最大手デジセル・グループの太平洋部門買収に向け交渉していると明らかにした。豪政府が買収資金の大半を拠出する方針を示している。

デジセルについては、中国の国有企業が買収するとの観測があり、豪政府は太平洋地域における中国の影響力拡大につながると懸念している。

デジセルはパプアニューギニアの携帯通信市場の支配的なシェアを持ち、パプアのデータサービス拡大に向け豪政府の資金で敷設された「コーラル・シー」海底ケーブルを活用する見通し。

豪シンクタンク、ロウイー研究所の太平洋諸島プログラム・ディレクター、ジョナサン・プライク氏は「デジセルは太平洋で最も重要なプレイヤーで、豪政府は中国の手に渡ることは認められない戦略的資産と捉えている」と分析した。

在豪の中国大使館はコメントの求めに応じていない。

テルストラは、豪政府からデジセルへの買収提案で手を組むよう要請を受けたと明らかにした。金額など詳細は明らかになっていないが。豪メディアによると、買収額は20億豪ドル(15億米ドル)になる見通しで、豪政府が約15億豪ドルを支払うとみれられる。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up