for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

中国、デジタル人民元のクロスボーダー決済検討へ

 7月16日、中国人民銀行はウェブサイト上に公表した白書で、デジタル人民元の運用試験を着実に推進する方針を示した。上海で4月撮影(2021年 ロイター/Aly Song)

[北京 16日 ロイター] - 中国人民銀行(中央銀行)は16日、デジタル人民元のクロスボーダー決済を検討するほか、国際通貨システムの発展に向けたデジタル不換通貨に関するグローバル基準の設定について議論する意向を示した。

ウェブサイト上で発表した白書で、デジタル人民元の運用試験を着実に推進すると指摘。国内試験を進めるにあたり、データセキュリティーと個人情報保護を強化するとした。ただ、デジタル人民元の発行時期は定めないとした。

デジタル人民元は主に国内の小売店での支払いに使用されるが、国境をまたぐ決済に用いる試験プログラムも検討しているという。

国際決済の試験を行う際には中国と相手国の通貨主権を尊重し、関係国の法律を順守する形で行われると説明した。

また「国際通貨システムの発展を共同で推進するために、デジタル不換通貨に関する国際的な意見交換に積極的に参加し、基準設定について議論したいと考えている」とした。

デジタル人民元が金融政策や金融システム、金融安定に与える影響について調査を深める方針も示した。

暗号資産(仮想通貨)について、ほとんどが投機に使用されており、金融の安全性を脅かしていると指摘した。またマネーロンダリング(資金洗浄)などの違法な経済活動に使われる恐れがあると警告した。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up