February 7, 2020 / 4:38 AM / 13 days ago

デジタル人民元普及想定し、円のデジタル化準備必要=自民議連

 2月7日、自民党の「ルール形成戦略議員連盟」(甘利明会長)は、党本部で会合を開き、デジタル通貨の発行を政府・日銀で検討するよう促す提言をまとめた。写真は甘利会長。都内で2015年10月撮影(2020年 ロイター/Yuya)

[東京 7日 ロイター] - 自民党の「ルール形成戦略議員連盟」(甘利明会長)は7日、党本部で会合を開き、デジタル通貨の発行を政府・日銀で検討するよう促す提言をまとめた。中国が発行準備を進める「デジタル人民元」が広く普及した場合、通貨覇権の動きにもなりかねず、日米で連携し、7カ国(G7)首脳会議の議長国である米国に対して議題にするよう求める。

甘利会長は、デジタル人民元について「(中国が推進する広域経済圏構想)一帯一路の決済機能として普及する可能性がある」との見方を示し、特に中銀機能の弱い途上国で普及が進む可能性があると語った。今回の提言は、来週中に菅官房長官に提出したい、としている。

提言の主な内容は以下の通り。 

・国際取引でデジタル人民元が今後広く普及するシナリオを想定し、経済安保上の観点から対策を検討

・マネーロンダリング(資金洗浄)やテロ対策、個人情報保護で法整備必要

・日銀、財務省、金融庁など関係省庁一体となって取り組む。

*内容を追加しました。

竹本能文 編集:内田慎一

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below