for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

英ロンドンの自然史博物館、名物恐竜「ディッピー」とお別れ

[ロンドン 4日 ロイター] - 英ロンドンの自然史博物館は4日、最も有名な展示品である恐竜ディプロドクスの骨格標本(愛称ディッピー)に別れを告げた。約40年にわたり、エントランスホールの名物として訪問者を出迎えてきたディッピーは、2018ー20年まで国内8カ所を巡るツアーに出る。

1905年に初めて公開されたディッピーは、全高4.25メートル、全長21メートル。3週間の解体作業が5日から始まり、12カ月かけてツアーの準備を行う。

ディッピーは、1979年から務めてきたエントランスホールのお出迎え役を全長25.2メートルのシロナガスクジラの骨格に譲り、2020年末からブロンズ像として博物館の外に展示される予定。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up