for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ディズニー、アニメ映画「アイス・エイジ」の製作スタジオ閉鎖へ

ウォルト・ディズニーは9日、新型コロナ禍の影響のため、アニメ映画の「アイス・エイジ」などを製作した撮影スタジオ、ブルー・スカイ・スタジオを閉鎖すると発表した。写真はキャラクター、アイス・エイジ5の公開を前にロサンゼルスで2016年7月撮影。(2021年 ロイター/Danny Moloshok)

[9日 ロイター] - 米メディア・娯楽大手ウォルト・ディズニーは9日、新型コロナ禍の影響のため、アニメ映画の「アイス・エイジ」や「ブルー 初めての空へ(原題Rio)」を製作した撮影スタジオ、ブルー・スカイ・スタジオ(米コネティカット州グリニッジ)を閉鎖すると発表した。

ディズニーは2019年、21世紀フォックスを710億ドルで買収した際に同スタジオを取得していた。

スタジオの広報担当者は「現在の経済的な現実を考慮し、検討と評価を重ねた結果、当スタジオでの映画製作を終了するという困難な決断に至った」とする声明を出した。ディズニーはコロナ禍で昨年、テーマパークと映画スタジオの大半を休業し続けることを余儀なくされた。

米メディア系ニュースサイト「デッドライン」によると、ブルー・スカイ・スタジオ閉鎖で影響を受ける従業員は450人。

ディズニーのアニメスタジオにはほかに、ピクサー・アニメーション・スタジオとディズニー・アニメーション・スタジオがある。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up