November 8, 2018 / 9:46 PM / 10 days ago

米ディズニー、7─9月期決算予想上回る 映画・テーマパーク好調

[8日 ロイター] - 米娯楽大手ウォルト・ディズニー(DIS.N)の第4・四半期(7─9月)決算は利益と売上高が予想を上回った。映画「アントマン&ワスプ」のヒットのほか、夏季に傘下のテーマパークへの来場者が増えたことが追い風となった。

 11月8日、米娯楽大手ウォルト・ディズニーの第4・四半期(7─9月)決算は利益と売上高が予想を上回った。カリフォルニア州バーバンクで8月撮影(2018年 ロイター/LUCY NICHOLSON)

決算発表を受けディズニーの株価は時間外取引で1.7%高の118ドルとなっている。

ディズニー帰属の純利益は23億2000万ドル(1株当たり1.55ドル)と、前年同期の17億5000万ドル(同1.13ドル)から33%増加。一時項目を除く1株利益は1.48ドルと、リフィニティブがまとめたアナリスト予想の1.34ドルを上回った。前年同期の1株利益は1.07ドルだった。

総売上高は143億1000万ドルと、127億8000万ドルから12%増加。アナリスト予想の137億3000万ドルを上回った。

部門別の売上高は、スタジオ部門が50%増の21億5000万ドルと、アナリスト予想平均の18億ドルを上回った。テーマパーク・リゾート部門は8.6%増の50億7000万ドルだった。

営業利益はテーマパーク部門が11%増の8億2900万ドル。スタジオ部門は5億9600万ドルと倍以上に増加した。

メディア・ネットワークス部門の営業利益は4%増の15億ドル。ABCの番組の売り上げの伸びなどが寄与した。

スポーツ専門チャンネル「ESPN」の契約者は、デジタルプラットフォームを通じた視聴への移行を背景に、減少が続いた。

こうしたシフトに対応するため、ディズニーは今年、テレビで視聴できないスポーツ中継やドキュメンタリー番組を楽しめるインターネットストリーミングサービス「ESPNプラス」を開始した。

2019年終盤には映画やテレビ番組を視聴できる家族向け娯楽サービス「ディズニープラス」も始める。

インベスティング・ドット・コムのシニアアナリスト、ハリス・アンワー氏は、ディズニープラスがネットフリックス(NFLX.O)やアマゾン・ドット・コム(AMZN.O)に対抗できれば、ディズニーの株価を押し上げる可能性があると指摘した。

*内容を追加します。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below