for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

テニス=ジョコビッチが線審にボール当て、衝撃の失格 全米OP

[ニューヨーク 6日 ロイター] - テニスの全米オープンは6日、ニューヨークで男子シングルス4回戦を行い、世界ランキング1位で第1シードのノバク・ジョコビッチ(セルビア)は規約違反で失格となった。

パブロ・カレノブスタ(スペイン)と対戦したジョコビッチは、第1セットでセットポイントまで持ち込んだものの生かせず。逆に5─6とリードを許したことによりフラストレーションをため込んだなかで、ゲーム間でボールにいらだちをぶつけると、そのボールが線審を務めていた女性ののどに直撃した。

アクシデントに気づいたジョコビッチはすぐさま駆けより謝罪したが、レフェリーなど関係者が協議した結果、四大大会の規約違反で失格となった。

同規約では「プレーヤーはいかなる時も、トーナメント会場内で審判員、対戦相手、観客、またはそのほかの関係者を物理的に攻撃してはならない」と定められている。

そのほか、第5シードのアレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)はストレート勝利で勝ち上がった。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up