July 13, 2015 / 12:28 AM / 4 years ago

テニス=ジョコビッチ、ウィンブルドン3回目の優勝

 7月12日、テニスの四大大会第3戦、ウィンブルドン選手権の男子シングルス決勝、第1シードのノバク・ジョコビッチ(左)が第2シードのロジャー・フェデラー(右)を7─6、6─7、6─4、6─3で下し、2年連続、通算3回目の優勝を果たした(2015年 ロイター /Stefan Wermuth)

[ロンドン 12日 ロイター] - テニスの四大大会第3戦、ウィンブルドン選手権は12日、男子シングルス決勝を行い、第1シードのノバク・ジョコビッチ(セルビア)が第2シードのロジャー・フェデラー(スイス)を7─6、6─7、6─4、6─3で下し、2年連続、通算3回目の優勝を果たした。

四大大会9勝目を挙げたジョコビッチは「最後のポイントが終わったとき、全力を出し切っていた」とコメント。「ここでの3回目のタイトル獲得だが、初めてのような気分」と喜びを語った。

一方、四大大会18回目の優勝を逃したフェデラーは「自分にとって素晴らしい大会だったことに変わりない。6勝1敗はとてもいい勝率」としながらも、「私にとって準優勝のトロフィーは(優勝トロフィーとは)違う」と悔しさをにじませた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below