September 15, 2015 / 1:41 AM / 3 years ago

テニス=年間1位確定のジョコビッチ、マッケンローの記録目前

 9月14日、男子テニスのノバク・ジョコビッチは、全米オープン男子シングルスを制してグランドスラム通算優勝回数を10に伸ばし、今季終了時の世界ランク1位のポジションを早々と確定した(2015年 ロイター/Susan Mullane-USA TODAY Sports)

[ロンドン 14日 ロイター] - 男子テニスのノバク・ジョコビッチ(28、セルビア)は、全米オープン男子シングルスを制してグランドスラム通算優勝回数を10に伸ばし、今季終了時の世界ランク1位のポジションを早々と確定した。

ジョコビッチは2014年7月より世界1位をキープしており、1位在位記録では11月にジョン・マッケンロー(米国)の170週を抜くことに。歴代最長記録はロジャー・フェデラー(34、スイス)の302週で、ピート・サンプラスの286週、イワン・レンドルの270週、ジミー・コナーズの268週と、米国勢が続く。

ジョコビッチがフェデラーと戦った全米オープン決勝戦の解説を務めたマッケンロー氏は、ジョコビッチについて「34歳になった頃にはグランドスラムを16─17回制しているかもしれない」と、強さを認めた。

決勝で圧倒的なフェデラーへの応援をものともせず冷静さを貫いたジョコビッチは、「妻と息子がいる私生活の充実がことしの強さの源」とコメント。「テニスを愛しており、結果が出ていることが戦い続ける意欲につながっている」とも語った。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below