Reuters logo
テニス=ジョコビッチ、アガシ氏とのコーチ契約継続
2017年9月27日 / 01:37 / 1ヶ月後

テニス=ジョコビッチ、アガシ氏とのコーチ契約継続

[ベオグラード 26日 ロイター] - テニスの元世界ランク1位のノバク・ジョコビッチ(セルビア)は26日、現在治療中のケガから復帰後もアンドレ・アガシ氏(米国)とのコーチ契約を継続することを明らかにした。

 9月26日、テニスの元世界ランク1位のノバク・ジョコビッチ(写真左)は、現在治療中のケガから復帰後もアンドレ・アガシ氏(右)とのコーチ契約を継続することを明らかにした。5月撮影(2017年 ロイター/Benoit Tessier)

四大大会優勝通算12回の実績を誇るジョコビッチだが、7月に行われたウィンブルドン選手権準々決勝でひじを痛め途中棄権。今季残りの試合を欠場という長期離脱を強いられ、復帰は来年1月の見込みとなっている。

昨年は全仏オープン初優勝を達成し、生涯グランドスラムを成し遂げたが、その後はスランプに陥り、ボリス・ベッカー氏とのコーチ契約を解消。さらに全豪オープンで2回戦敗退を喫し、コーチングチームとも決別した。

ジョコビッチの広報担当は声明で、アガシ氏がヘッドコーチを継続し、イタリア人コーチがフィットネスコーチを引き継ぎ、新たにアルゼンチン人の物理療法士を迎えることを発表。セカンドコーチが決まれば、2018年にシーズンを共にするコーチングスタッフが完成すると述べた。

さらに、「ひじのケガの治療中で、ベオグラードで数日間のフィットネストレーニングを受けた。彼は18年にオーストラリアで復帰するという目標を達成するために、できるだけ早くテニスのトレーニングを始めようと懸命に取り組んでいる」と語った。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below