July 29, 2015 / 11:08 AM / 5 years ago

ドコモの4─6月期は増収増益、dマーケット好調

[東京 29日 ロイター] - NTTドコモ(9437.T)が29日に発表した2015年4─6月期連結決算(米国会計基準)は、営業利益が前年比12.3%増の2354億円となった。引き続き毎月の利用料金から一定額を割り引く「月々サポート」が重しとなったが、動画配信サービスなどのスマートライフ事業の伸びやコスト削減などが利益を押し上げた。

売上高に当たる営業収益は同0.1%増の1兆0769億円だった。新料金プランのマイナスの影響はまだ残るものの、スマートライフ事業が順調に拡大。タブレットなどの2台目需要も上積みに寄与した。動画や書籍、音楽配信サービスなどの「dマーケット」の契約数は前年比65%増の1235万件、1人あたり利用料は同30%増の1200円となった。

通期業績予想は据え置いた。同社は「年間計画達成に向け順調に進ちょくしている」と総括している。

志田義寧

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below