for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

暗号資産、マスク氏ツイートで乱高下 ビットコイン週間で大幅安

[ロンドン/シンガポール 14日 ロイター] - 暗号資産(仮想通貨)のビットコインは今週、週間で2月以来の大幅な下げを記録する見通し。一方、ドージコインは14日の取引で一時25%上昇した。ともに米電気自動車(EV)大手テスラのイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)のツイートが材料だ。

 5月14日、暗号資産(仮想通貨)のドージコインがバイナンスでの取引で、一時20%上昇し0.5200ドルを付けた。4月20日撮影(2021年 ロイター/Dado Ruvic)

両通貨は数カ月にわたり、マスク氏の発言を受けて乱高下している。ドージコインはマスク氏が関心を示したことから今年に入り、100倍に値上がり、ビットコインは2月にテスラが15億ドルを投資したことが明らかになり5万ドルを突破した。

しかし、マスク氏は今週、環境への懸念を理由にテスラ車の購入でビットコインを使った支払いの受け付けを停止。ビットコインは急落した

ドージコインは、マスク氏が米人気バラエティー番組「サタデー・ナイト・ライブ」のコントで「詐欺」と発言したことを受け急落、前週末以降では約30%下落している。ただ、この日はマスク氏が「ドージコインの開発者と協力して取引の効率改善に取り組んでいる。期待できそうだ」のツイートを受け上昇した。

ビットコインは直近で1.6%高の5万0503ドル。今週は13%程度の下落となる見込み。

ドージコインは直近で0.52ドル。先週付けた最高値の0.73ドルから大きく下げている。

豪ニューサウスウェールズ大学ビジネススクールのマーク・ハンフェリー・ジェナー准教授(金融学)は、マスク氏の発言がエネルギー消費の効率性に言及したものなのか、使い勝手の良さ、あるいは通貨としての適性を指しているのかは明らかでないと指摘した。

データセンターを提供するTRGによると、1取引当たりの電力消費量はビットコインが707キロワット時。これに対しドージコインは0.12キロワット時だが、商品などの購入に使用できる場は非常に限られている。

コインマーケットキャップ・ドットコムによると、ドージコインは時価総額で第4位の仮想通貨に急成長している。第2位のイーサも、今年に入り400%以上急騰。直近では3865ドルで、週間でほぼ横ばいとなっている。

こうした仮想通貨の急変動を受け、規制当局の監視が強まっている。ブルームバーグは13日、世界有数の仮想通貨取引所バイナンスの調査の一環で、米司法省と米内国歳入庁(IRS)が同社のビジネスに詳しい個人に情報提供を求めていると報じた。

OANDAのエドワード・モヤ氏は、マスク氏のツイートや市場の反応を受け、当局の監視の目がさらに強まる可能性があると指摘した。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up