October 1, 2018 / 1:24 AM / 17 days ago

北朝鮮の金委員長、韓国大統領に天然記念物の「豊山犬」を贈呈

[ソウル 30日 ロイター] - 北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長は、韓国の文在寅大統領に、北朝鮮原産の白い豊山犬の雄雌のつがいを贈呈した。南北融和を示す新たな兆候とみられている。

 9月30日、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長は、韓国の文在寅大統領に、北朝鮮原産の白い豊山犬の雄雌のつがいを贈呈した。南北融和を示す新たな兆候とみられている。写真は韓国大統領府提供(2018年 ロイター)

韓国大統領府(青瓦台)は30日に声明を発表し、9月半ばに平壌で3回目の南北首脳会談が行われた際、金委員長が贈呈を提案したと説明した。

2匹は27日、北朝鮮との軍事境界線に接する非武装地帯(DMZ)を通過し、韓国の板門店に到着したという。

豊山犬は、忠誠心と、トラをも仕留める狩猟能力で知られ、北朝鮮の天然記念物に指定されている。

贈呈されたつがいは、大統領が昨年7月に保護犬を引き取って里親となり、青瓦台で「ファーストドッグ」として飼われている雑種「トリ」とともに暮らすことになる。

2000年には、金委員長の父親である故金正日氏が、韓国の金大中元大統領(当時)と初の首脳会談を行った際、やはり豊山犬を贈呈している。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below