Reuters logo
正午のドルは123円前半、投機筋の動き鈍くもみあい
2015年11月18日 / 03:30 / 2年前

正午のドルは123円前半、投機筋の動き鈍くもみあい

[東京 18日 ロイター] - 正午のドル/円は、ニューヨーク午後5時時点とほぼ同水準の123.41/43円。

 11月18日、正午のドル/円は、ニューヨーク午後5時時点とほぼ同水準の123.41/43円。ブダペストで2011年11月撮影(2015年 ロイター/Laszlo Balogh)

前日の海外市場では、ドルの高値が123.49円と、123円半ばを上抜け出来なかった。午前の取引では日経平均の上げ幅拡大に乗じて一時123.48円まで強含んだが、やはり上値抵抗線として意識されている123円半ばを超えられなかった。

「日米金融政策の不透明感から、投機筋のドル/円ポジションは相当低迷しているので、動きが出づらい」(FX会社)という。

正午のユーロ/ドルは1.0633/37ドル付近でニューヨーク終盤から小幅安。ユーロは前日一時1.0630ドルまで下落し、4月16日以来7カ月ぶりの安値を付け、現在も同安値圏にある。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below