May 17, 2018 / 2:15 AM / 6 days ago

コラム:投機筋が握る「ドル高持続」の鍵

Jamie McGeever

 5月16日、米国債市場は転換点に差し掛かっている。10年債り利回りははっきりと3%を超え、借り入れコスト上昇局面の長期化が見えてきた。2017年1月撮影(2018年 ロイター/Thomas White)

[ロンドン 16日 ロイター] - 米国債市場は転換点に差し掛かっている。10年債り利回りははっきりと3%を超え、借り入れコスト上昇局面の長期化が見えてきた。

こうした状況がドルを年初来高値へと押し上げ、ドル高も持続して世界の金融環境にとっては二重の意味で引き締まる恐れが出ている。新興国を中心に世界全体では数兆ドルものドル建て債が存在し、それは米国債利回りとドルの動きとつながっているからだ。

米国債利回りとドルの上昇が定着するかどうかは、ヘッジファンドとその他投機筋の次の行動に左右されるのかもしれない。2008年の金融危機以降の10年間で、投機筋のポジションの転換点と、米国債およびドルの転換点にはかなり強い相関関係が見受けられる。

この相関関係が現在も有効であるなら、ドルは堅調が続く可能性がる。ただし米国債利回りの方向はやや不透明だ。

米商品先物取引委員会(CFTC)のデータによると、4月終盤のヘッジファンドとその他投機筋の米10年債の売り持ち規模と、ユーロの買い持ち規模はいずれも過去最大で、ドル売り持ちは7年ぶりの大きさだった。

彼らはそうしたポジションの巻き戻しを始めており、ユーロは対ドルで既に約5%下落した一方、米10年債利回りは3%を上抜けるのに苦労してきた。

まずは米国債の話からだ。利回り上昇は、年金基金や保険会社、マルチ資産運用会社、外貨準備運用担当者などさまざまな投資家層からの資金を呼び込むだろう。それらの資金流入は、利回り押し下げ要因となる。

投機筋の方は最近買い戻しているとはいえ、CFTCのデータで見ると、売り持ちは40万枚超となお相当大きい。彼らは今後も買い戻しを続けるのか、それとも足元で10年債利回りが3.07%と7年ぶりの高水準に達したことを踏まえて売り持ちを拡大し、利回りをさらに押し上げるのだろうか。

過去を振り返ると、CFTCの投機筋のポジションと10年債利回りは、2013─15年を除くと金融危機以降ほぼずっと「売り持ち=利回り上昇」「買い持ち=利回り低下」という関係が続いてきた。

09年初めおおむね中立だった投機筋のポジションは10年4月に売り持ちが当時過去最高の27万5000枚に傾くと、3%弱の利回りは3.95%まで上がった。10年末までに10万枚弱の買い持ちにポジションが転じると、歩調を合わせて利回りは2.40%に低下した。

12年は買い持ちが膨らんで12月時点で20万枚を突破し、利回りは7月に1.5%を下回る水準を付ける場面があった。

次に買い持ちが歴史的高水準の18万5000枚前後に拡大したのが16年7月で、利回りは1.32%を記録。昨年5月までには買い持ちは36万枚超に達し、利回りはそれ以前の2.60%から2%を目指す展開になった。

その後の1年間で買い持ちが解消され、売り持ちが過去最高の46万枚になるととともに、利回りは14年以降で初めて3%を上回った。

またユーロの投機ポジションをドルの代理変数と考えれば、ポジションと相場の転換点はやはり相関度が高い。

07年5月時点では、ユーロ買い持ちが当時過去最高の11万9000枚に達したものの、ユーロが相場サイクルの高値に到達したのは1年後だった。

ところが09─15年はより連動した動きになっている。10年5月はユーロの売り持ちが当時過去最高の11万枚となり、ユーロ/ドルは4年ぶり安値の1.20ドルに沈んだ。翌年にかけてポジションが10万枚の買い持ちに変化すると、1.48ドルまでユーロ高に振れた。

ユーロ危機が深まると投機筋の売り持ちが拡大し、12年6月には21万4000枚を記録し、その1カ月後には欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁がユーロを支えるためにできることは何でもやると発言。ユーロは1.2150ドルで底を打った。

13年10月にはユーロ買い持ちが7万2000枚となり、1カ月後に1.39ドルまで上昇。ただ再びユーロは下落し、15年3月には等価寸前の1.05ドルまで売られたが、この時のポジションは22万6000枚の売り持ちだった。

両者の相関関係はそれから1年半前後崩れたとはいえ、昨年初めには復活。数カ月前の14万枚の売り持ちから15万1000枚の買い持ちに転じたことで、1.05ドル弱から1.25ドルに値上がりした。

足元の買い持ちが解消されるとすれば、ユーロはさらに大きく下落する可能性がある。

*筆者はロイターのコラムニストです。本コラムは筆者の個人的見解に基づいて書かれています。

*このドキュメントにおけるニュース、取引価格、データ及びその他の情報などのコンテンツはあくまでも利用者の個人使用のみのためにロイターのコラムニストによって提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。このドキュメントの当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。このドキュメントの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。ロイターはコンテンツの信頼性を確保するよう合理的な努力をしていますが、コラムニストによって提供されたいかなる見解又は意見は当該コラムニスト自身の見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below