Reuters logo
焦点:日本勢のドル調達コスト一段高、米5年債投資は一時「逆ザヤ」
2016年2月15日 / 09:03 / 2年前

焦点:日本勢のドル調達コスト一段高、米5年債投資は一時「逆ザヤ」

[東京 15日 ロイター] - 日銀のマイナス金利導入を受けて、本邦勢によるドル調達コストが一段と上昇している。これまで投資対象として人気があった米国債5年物の利回りを一時上回り「逆ザヤ」水準に達した。世界的な金融規制強化や邦銀のドル資金借り換えニーズの高まりが大きな背景だが、邦銀の信用リスク悪化も一因となっている。

 2月15日、日銀のマイナス金利導入を受けて、本邦勢によるドル調達コストが一段と上昇している。写真は都内で2013年2月撮影(2016年 ロイター/Shohei Miyano)

<4年3カ月ぶりの高水準>

円投/ドル転スワップによるドル調達コストは15日、3カ月物で115ベーシスポイント(bp)で推移している。この水準は、欧州債務危機が深刻化していた2011年11月以来4年3カ月ぶりの高さだ。

同調達コストは9日に130bp付近まで拡大し、5年物米国債の利回り(1.2%付近)を上回る水準となり、事実上、本邦勢のヘッジ付きの米国債投資は逆ザヤとなった。

本邦勢が外貨建て資産に投資する際、通常は、コマーシャルペーパー(CP)や譲渡性預金(CD)など短期債務の発行や、債券レポ取引、為替スワップ取引等を利用して為替リスクを回避する。

ただ、2014年7月に米国証券取引委員会(SEC)が公表した米国のMMF(マネー・マーケット・ファンド)の規制強化に伴い、邦銀のCPやCDの主要な買い手だった米MMFからのドル資金供給は極端に細った。

一方、米国債レポの規模は、金融規制の影響で大幅に減少。結果的に重要性が増した円投/ドル転スワップ(円資金を担保にドル資金を調達する取引)では、マイナス金利導入以降、本邦勢のドル調達コストが顕著な上昇圧力に直面している。

<邦銀の信用リスク悪化も一因>

邦銀の信用リスクの悪化も一因だ。前週には一部欧州銀の経営への不安が高まるなか、思惑先行的にマイナス金利による邦銀の収益圧迫という懸念が高まってしまった。

「足元では、昨年11月に借りたドルの短期資金の借り換えニーズが集中。加えてマイナス金利導入を受けて、邦銀のCDS(クレジット・デフォルト・スワップ)スプレッドが急上昇していることが、ドル調達コストの上昇圧力となっている」と、SMBC日興証券・シニア金利ストラテジストの野地慎氏は分析する。

マークイットによると、三菱東京UFJ銀行の5年物CDSスプレッドは13日時点で160.124/180.124bpの気配。

三井住友銀行の5年物CDSスプレッドは、15日時点で168.754/188.754bpの気配。邦銀のCDSスプレッドは、マイナス金利導入後に急騰し、3年超ぶりの高水準となっている。

スワップ取引でドル供給/円運用サイドとなる欧米銀は「バーゼル3など金融規制の影響で、信用リスクにはナーバスにならざるを得ない状況」(外資系金融機関)といい、対邦銀とのスワップ取引には後ろ向きな機関が多い。

<「得する」海外勢はJGB投資>

一方で、一部の外銀は、裁定機会を利用して日本国債(JGB)での運用を拡大しているもようだ。

欧米金融機関は、円投/ドル転スワップで発生しているベーシス(ドル調達の上乗せ金利)のおかげで、マイナス50bp程度で3カ月物の円資金を調達できる。こうして調達された円資金を、マイナス12.5bpの利回りのJGB5年物で運用すれば、十分に運用利益を確保できることとなる。

市場では、日銀のマイナス金利導入後も円高・株安が生じていることから「近い将来、マネタリーベース目標の引き上げが、マイナス金利のさらなる引き下げと同時に行われる可能性が高い」(野地氏)との見方も広がっている。

日本の短期金利低下や日銀の総資産拡大は、ドルを中心にした外貨調達コストの上昇につながる。

日銀のマイナス金利導入の目的の一つは、国内金融機関のポートフォリオ・リバランスの促進だったが、結果的に外債投資が行いにくくなるなど、一部では「逆目」の現象も出始めている。

森佳子 編集:伊賀大記

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below