February 23, 2018 / 7:18 AM / 3 months ago

ドル/円の購買力平価は90円台後半から107円=近藤JBIC総裁

[東京 23日 ロイター] - 国際協力銀行(JBIC)の近藤章総裁は23日の記者会見で、1月以降の急激な円高進行について「購買力平価でみるとドル/円は90円台後半から107円」と述べ、歴史的に過度に円高な水準とは言えないとの見解を示した。

 2月23日、国際協力銀行(JBIC)の近藤章総裁は記者会見で、1月以降の急激な円高進行について「購買力平価でみるとドル/円は90円台後半から107円」と述べ、歴史的に過度に円高な水準とは言えないとの見解を示した。写真は都内で2016年6月撮影(2018年 ロイター/Toru Hanai)

為替水準の評価は「(日銀の)黒田(東彦)総裁と米FRB(連邦準備理事会)、トランプ米大統領で異なる」と指摘。金融市場の動向は「このところ読みにくくなっている」とも述べた。

近藤総裁は日銀の黒田総裁と高校・大学の同級生。4月に任期を迎える黒田氏の総裁続投について「5年後は後期高齢者になるが、元気にがんばって欲しい」とエールを送った。

外為特会を利用して日本企業の海外展開を支援する「海外展開支援ファシリティ」については、今年6月の期限後の在り方について財務省と協議する方針という。

竹本能文

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below