for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

UPDATE1: トヨタ<7203.T>が富士重<7270.T>株追加取得、開発や生産で関係強化

 [東京 10日 ロイター] トヨタ自動車7203.Tと富士重工業7270.T、ダイハツ工業7262.Tは10日、提携関係を強化すると発表した。トヨタが富士重への出資比率を高めて両社で小型スポーツカーを共同開発するとともに、トヨタは富士重への生産委託を拡充する。また富士重はダイハツから軽自動車のOEM供給を受けて、自社の軽生産から順次撤退し、経営資源を効率的に活用できるようにする。

 トヨタは富士重が持つ自己株式を311億円で追加取得し、保有比率を現在の8.7%から16.5%まで引き上げる。両社は富士重の水平対抗エンジンを搭載した後輪駆動の小型スポーツカーを共同開発し、2011年末をめどに市場に投入する。富士重は株式を売却した資金で群馬県太田市に組立工場を新設し、共同開発した小型スポーツカーの生産を手がける。将来的にはトヨタが富士重新工場への生産委託を拡充することも検討する。

 また、富士重はトヨタから小型車を、ダイハツから小型車と軽自動車をOEMで供給を受ける。富士重は商品ラインアップを広げるとともに、軽自動車の自社生産からは順次撤退し、経営資源を環境技術の強化などに集中させる。

 会見した富士重の森郁夫社長は「当社のブランドと経営の独自性を維持しながらも、トヨタグループに一歩踏み込み、新しい関係をつくる」と語った。

 トヨタは子会社の日野自動車7205.Tとダイハツのほか、いすゞ自動車7202.Tにも出資しているが、今回の出資比率引き上げでトヨタは富士重との関係も強化する。開発の委託なども進めて、戦線の急拡大で課題となっている技術者不足を補う。トヨタの渡辺捷昭社長は会見後に記者団に対し「今後3─5年を見たときに、世界で戦うにはベストの布陣だと思っている」と語った。ただ、トヨタは富士重株の追加取得や、役員の派遣は現在のところ考えていないという。

 富士重は同日、国内の販売体制を再編する計画も発表した。全国に46ある販売会社を09年度中に半分に集約し、間接業務の効率化を図る。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up