for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米サン・マイクロ<JAVA.O>が3000人削減へ、買収審査に遅れ

 [ニューヨーク 20日 ロイター] 米コンピューター大手サン・マイクロシステムズJAVA.Oは20日、向こう1年に世界の拠点で3000人を削減する方針を明らかにした。計画している企業向けソフト大手オラクルORCL.Oによる買収に関して、欧州当局の審査が遅れているためとしている。

 サン・マイクロが米証券取引委員会(SEC)に提出した書類によると、人員削減の結果、今後数四半期に7500万─1億2500万ドルのリストラ関連費用が発生する見通しで、その大部分を09/10年度(09年7月─10年6月)の第2・四半期(10─12月)、第3・四半期(1─3月)に計上する予定。

 オラクルのエリソン最高経営責任者(CEO)は9月、欧州当局による買収の承認が遅れているため、サン・マイクロは毎月約1億ドルの赤字となっている、と明らかにしていた。

記事中の企業の関連情報は、各コードをダブルクリックしてご覧ください。

 ※原文参照番号[nN20452228](3000Xtraをご利用の場合、配信後24時間以上経過した記事でも380日以内であれば[ID:nN20452228]でご覧になれます。なお、契約の内容によっては、原文がご覧いただけない場合もあります)

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up