for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

東南アジア株式=おおむね上昇、マニラは小幅安

 [バンコク 22日 ロイター] 22日の東南アジア株式市場はおおむね上伸した。バンコク市場では建設株やエネルギー株が買われ、14カ月ぶり高値をつけた。半面、マニラ市場はメトロパックの下落に伴い値を下げた。クアラルンプールとジャカルタの両市場は休場。

 バンコク市場.SETIは1.6%高。石油化学のIRPCIRPC.BKが5.6%高と上げを主導した。建設大手のイタリアン・タイITD.BKは5.7%高。

 建設株は政府の景気刺激策による好影響の期待を背景に急伸。CHカーンチャンCK.BKは約14%高、ナワラット・パタナカンNWR.BKは4.2%高。

 シティバンクのアナリストは「アジア地域での投資センチメントは改善が続いている」と指摘した。

 シンガポール市場.FTSTIは1.4%高。カジノ経営を中核事業とするマレーシアの複合企業ゲンティンのシンガポール子会社、ゲンティン・シンガポールGENS.SIは9.5%高。通信大手のシンガポール・テレコム(シングテル)STEL.SIは1.6%高。不動産開発大手のキャピタランドCATL.SIは2.2%高。パーム油大手のウィルマー・インターナショナルWLIL.SIも3%高。

 ホーチミン市場.VNIは0.8%高。ガラスなどのフーフォンPPG.HNは8.6%高。ペトロリメックス・サイゴン運輸・サービスPSC.HNは8.2%高。

 一方、マニラ市場.PSIは0.2%安。インドネシア系のコングロマリットの第一太平のフィリピン子会社、メトロ・パシフィック・インベストメンツMPI.PSが大幅下落を記録した。

記事中の企業の関連情報は、各コードをダブルクリックしてご覧ください。

 ※原文参照番号[nBKK409541](3000Xtraをご利用の場合、配信後24時間以上経過した記事でも380日以内であれば[ID:nBKK409541]でご覧になれます。なお、契約の内容によっては、原文がご覧いただけない場合もあります)

.FTSTI  シンガポールST指数

.KLSE  クアラルンプール・KLSE総合指数

.SETI   バンコク・SET指数

.JKSE   ジャカルタ総合株価指数

.PSI   マニラ総合株価指数

.VNI   ベトナム株価指数(ホーチミン)

 その他の関連データ・ニュース

  <0#.INDEX> 世界の株価指数

[JP/FRX] アジア通貨動向

[.HKJ] 香港株式市場

[.TWJ]    台湾株式市場

[.SEJ]    ソウル株式市場

[.AUJ]    シドニー株式市場

[.SSJ]    上海・深セン株式市場

[NNS/AS]   アジア株式市場サマリー

[NNJ/NY]   NY市場サマリー

[NNJ/EU]   欧州市場サマリー

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up