for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

UPDATE1: 補正予算の早期成立が必要、証券優遇税制見直しは多面的データ見て結論=海江田経済財政相

 [東京 16日 ロイター] 海江田万里経済財政担当相は16日朝の閣議後会見で、補正予算の早期成立が必要だとの認識をあらためて示した。証券優遇税制の見直しについては、株価動向に水を差すことにならないかとの懸念があるとして、多面的なデータを見ながら結論を出すべきだと述べた。

 海江田担当相は補正予算について「今は本当に大事な時期。切れ目のない対策を実行していくためには、どうしても補正予算の早期成立が必要なので、早期にあげていただきたいとの気持ちは強い」とあらためて野党に補正予算の採決に応じるよう呼び掛けた。

 2010年度の税制改正で、2012年から本則税率の20%に戻すことが検討されている証券優遇税制については「前回の税制調査会に提出された資料がちょっと一面的、一方的かという思いもある。もう少し多面的なデータ見ながら結論を出していくべきだ。(税率)10%を維持することを含めてだが、もう少し様々なデータを見て結論を出せばいい」と述べた。

 株価動向については「就任時から株価をなんとか上げたいと思っていた。(優遇税制の見直しが株価に)水を差すことにならないかとの懸念はある」とした。

 (ロイター 基太村真司記者)

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up