for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米キャピタル・ワン、12月の米クレジットカード貸倒償却率が2けたに上昇

 [ニューヨーク 15日 ロイター] 米クレジットカード大手キャピタル・ワン・フィナンシャルCOF.Nの12月の国内クレジットカード貸倒償却率が2けたに上昇したことが、同社が15日に当局に提出した報告書で明らかになった。

 消費者がホリデーシーズンに一段の圧力にさらされていたことが示された。

 報告書によると、キャピタル・ワンが、クレジットカードローンの貸倒償却率は12月が10.14%と、11月の9.60%から上昇した。

 ただ、将来の焦げ付きの先行指標となる月々の返済が少なくとも30日遅れている返済遅延率は5.78%と、前月の5.87%から低下した。

 ローンの種類別では、自動車ローンの貸倒償却率が5.68%と、前月の3.67%から上昇。返済遅延率も10.03%と、9.57%から上昇した。

 カナダと英国を含む海外の貸倒償却率は9.58%と、前月の9.50%から上昇した。一方、返済遅延率は6.60%から6.55%となり、2カ月連続で低下した。

記事中の企業の関連情報は、各コードをダブルクリックしてご覧ください。

原文参照番号[nN15179938](3000Xtraをご利用の場合、配信後24時間以上経過した記事でも380日以内であれば[ID:nN15179938]でご覧になれます。なお、契約の内容によっては、原文がご覧いただけない場合もあります)

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up