for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ソフトバンク<9984.T>、7月携帯電話契約MNPは5.2万件の転入超

 [東京 7日 ロイター] 携帯電話各社が7日発表した7月の番号継続制(MNP)利用による転入出数は、ソフトバンク9984.Tの子会社ソフトバンクモバイルが5万2000件の転入超となった。米アップルAAPL.Oの携帯電話端末「iPhone(アイフォーン)3G」を7月に発売しており、他社からの契約者獲得につながった面があるようだ。

 競合するNTTドコモ9437.Tは同5万1100件の転出超、KDDI9433.Tは1200件の転出超だった。KDDIは、06年10月にMNPが導入されて以来、初の転出超となった。イー・アクセス9427.Tグループのイー・モバイルは300件の転入超だった。

 新規契約から解約を差し引いた純増減数は、ソフトバンクが21万5400件の純増となり、15カ月連続でトップを維持した。2位はドコモ9437.Tの9万4200件の純増。3位はイー・モバイルで6万5000件の純増だった。KDDIは1万7000件の純増にとどまり、4位となった。1─3月に売り込みをかけたプリペイド携帯の解約が約2万件あったことなどが響いたが、KDDIの広報担当者は「7月上旬との比較では、下旬には増加基調が見えてきている」と話している。

記事中の企業の関連情報は、各コードをダブルクリックしてご覧ください。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up