January 26, 2018 / 2:59 AM / 4 months ago

「終末時計」30秒進む、世界滅亡まで2分に

[25日 ロイター] - 米科学誌「ブレティン・オブ・ジ・アトミック・サイエンティスツ」は25日、地球滅亡までの時間を象徴的に示す「終末時計」を30秒進め、残り2分にした。

核戦争の脅威に対する世界の指導者の反応が鈍いことが理由で、1953年の冷戦ピーク時以来、最も滅亡に近くなった。

危険要素には、北朝鮮の兵器プログラムに伴う核の大惨事、米ロ関係の紛糾、南シナ海を巡る緊張などが挙げられた。気候変動に伴う危険も針が進められる要因になったという。

米トランプ政権下での外交の消滅も懸念要因とされ、時計の針を動かしている科学者らは「国際外交は中傷合戦になりさがり、非現実的な内容と化している。これにより、世界の安全保障に無限の危険をもたらしている」と指摘した。

時計の針を戻すには、科学者らはトランプ大統領が北朝鮮に関する挑発的なレトリックを控え、米朝が多様な意思疎通チャンネルを開き、国際社会が北朝鮮の核・弾道ミサイル実験中止を模索する必要があるとした。

 1月25日、米科学誌「ブレティン・オブ・ジ・アトミック・サイエンティスツ」は、地球滅亡までの時間を象徴的に示す「終末時計」を30秒進め、残り2分にした。1953年の冷戦ピーク時以来、最も滅亡に近くなった(2018年 ロイター/Leah Millis)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below