Reuters logo
五輪=ロシア重量挙げ選手、ドーピング疑惑で資格停止に
2017年11月14日 / 03:37 / 10日後

五輪=ロシア重量挙げ選手、ドーピング疑惑で資格停止に

[モスクワ 13日 ロイター] - 国際ウエイトリフティング連盟(IWF)は13日、ドーピング違反の疑いがあるとして、ルスラン・アルベゴフ(ロシア)を暫定的に資格停止処分としたと発表した。

 11月13日、国際ウエイトリフティング連盟は、ドーピング違反の疑いがあるとして、ロシアのルスラン・アルベゴフ(写真)を暫定的に資格停止処分としたと発表。ロンドンで2012年8月撮影(2017年 ロイター/Dominic Ebenbichler)

アルベゴフは2012年ロンドン五輪、男子105キロ超級の銅メダリスト。

ロシア、中国、トルコ、ウクライナなど9カ国の重量挙げチームは、2008年、2012年五輪でのドーピング違反により、国際大会での1年間の出場禁止処分を受けている。

IWFは度重なるドーピング違反を理由に、2016年リオデジャネイロ五輪ではロシアの重量挙げチームを出場禁止とした。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below