April 15, 2020 / 1:33 AM / 3 months ago

陸上=17年ロンドン・マラソン優勝のワンジルにドーピング疑惑

 世界陸連の独立監視部門「インテグリティー・ユニット」(AIU)は14日、2017年ロンドン・マラソン男子で優勝したダニエル・ワンジルをドーピング疑惑により暫定的に資格停止処分としたことを発表した。ロンドンで2018年4月撮影(2020年 ロイター)

[14日 ロイター] - 世界陸連の独立監視部門「インテグリティー・ユニット」(AIU)は14日、2017年ロンドン・マラソン男子で優勝したダニエル・ワンジル(27、ケニア)をドーピング疑惑により暫定的に資格停止処分としたことを発表した。

反ドーピング規約により、ワンジルは審理が終わるまであらゆる競技に参加できない。

過去5年間で、約60人のケニア選手が禁止薬物違反で制裁を受けている。昨年には、アスベル・キプロプ、アブラハム・キプトゥムなどが4年間の資格停止処分を科された。

また、今年1月にはマラソンの元世界記録保持者で2012年ロンドン五輪銅メダルのウィルソン・キプサングが居場所情報の不開示、サンプル改ざんの疑いで暫定処分を受けた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below