Reuters logo
サッカー=爆発事件のドルトムント、CLは12日に順延
2017年4月12日 / 02:24 / 7ヶ月後

サッカー=爆発事件のドルトムント、CLは12日に順延

[11日 ロイター] - サッカーのドイツ1部、ブンデスリーガで香川真司の所属するドルトムントは、選手らを乗せたバス付近で爆発事件が起きたことにより、11日に予定されていた欧州チャンピオンズリーグ(CL)準々決勝のモナコ戦を12日に順延したことを発表した。

 4月11日、サッカーのドイツ1部、ブンデスリーガで香川真司の所属するドルトムントは、選手らを乗せたバス付近で爆発事件が起きたことにより11日に予定されていた欧州チャンピオンズリーグ(CL)準々決勝のモナコ戦を12日に順延したことを発表した(2017年 ロイター)

ドルトムントのハンス・ヨアキム・バツケ最高経営責任者(CEO)はクラブ公式ホームページで「そうするよりほかにない。試合日程が詰まっており、来週には第2戦が予定されている。木曜まで延期することも不可能だ。モナコを3日間もここに引き留めるわけにはいかない。彼らも週末に試合がある」と説明した。

チームバスはモナコ戦に向かう途中で爆発騒動に巻き込まれ、チームが宿泊するホテル近くの街路樹に仕掛けられていた装置で3回の爆発があったという。

その際にマルク・バルトラが腕の橈(とう)骨を骨折し、ドルトムントは、手から破片を取り除くため11日夜に手術を受けたことを明かしている。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below