for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

北朝鮮が弾道ミサイル2発発射、今年4回目 平壌の飛行場から

[東京/ソウル 17日 ロイター] - 韓国軍合同参謀本部によると、北朝鮮は17日午前、短距離弾道ミサイル(SRBM)とみられる飛翔体2発を平壌の飛行場から発射した。北朝鮮が飛翔体を発射するのは今月に入ってから4回目。日本の海上保安庁によると、すでに海上に落下したとみられる。

 1月17日、海上保安庁は午前8時54分、北朝鮮から、弾道ミサイルの可能性があるものが発射されたと発表した。写真は北朝鮮の旗。ジュネーブで2014年10月撮影(2022年 ロイター/Denis Balibouse)

平壌の順安飛行場から東方向にSRBM2発が発射されたとみられる。ミサイルは約380キロ飛行し、最高高度は42キロとしている。

海上保安庁は午前8時54分、北朝鮮から弾道ミサイルの可能性があるものが発射されたと発表。日本の松野博一官房長官は同日午前の会見で、平和と安全を脅かすものだと強く非難した。

北朝鮮は年初からこれ以外に3回の発射実験を行っており、ミサイル実験としては異例のペース。このうち2回は「極超音速ミサイル」とされるほか、前回の14日は鉄道車両から2発の短距離弾道ミサイル(SRBM)を発射した。

北朝鮮は2017年の中距離弾道ミサイル「火星12」の発射実験でも同飛行場を使った。

岸信夫防衛相は17日、北朝鮮が弾道ミサイルを同日午前に2発、東方向に発射したと記者団に述べた。詳細は分析中だが、最高高度は約50キロ、通常の軌道なら300キロ程度飛翔し、北朝鮮東海岸付近の日本のEEZ(排他的経済水域)外に落下したと推定されると語った。

北朝鮮による弾道ミサイルなどの度重なる発射は国際社会全体にとってに深刻な課題だとし、強く非難すると語った。日本政府は北朝鮮に対し、大使館ルートを通じて抗議したという。

米インド太平洋軍は、米国や同盟国に直ちに脅威をもたらすものではないが、「不安定化を招く違法な兵器開発の影響が浮き彫りになった」とコメントした。

中国外務省の趙立堅報道官は会見で、「関係当事者に朝鮮半島の全体的な平和と安定に留意するよう求める」と述べた。

韓国外国語大学(ソウル)のメイソン・リッチー教授は、実験のペースや発射場の多様性は、北朝鮮が試射や訓練などに使用できる十分なミサイルを保有していることを示唆しているほか、ミサイル戦力を量的に強調することで抑止力の信頼性を高めるものだと指摘した。

北朝鮮は17年以降、大陸間弾道ミサイル(ICBM)や核兵器の実験は行っていないが、19年に非核化協議が頓挫して以降、一連の新型SRBMを発射している。

北朝鮮はまた、SRBMへの核弾頭搭載を可能にする戦術兵器の開発を推進する意向も表明している。

リッチー教授は「戦術ミサイルが発射されるたびに、制裁がいかに金正恩政権を抑止できていないかや、米国が北朝鮮に短距離ミサイル開発に対する十分な代償を払わせることがどれほどできずにいるかが示されている」と語った。

カーネギー国際平和基金の核政策専門家、チャオ・トン氏は、金総書記は米国との交渉進展を期待しておらず、北朝鮮にミサイル開発を控える理由はないと指摘。北朝鮮に同情し米国に敵意を抱く中国が、発射実験への国際社会の非難を後押しすることはないとの見方から「北朝鮮は、ミサイル開発を進めるには安全な時だととらえるかもしれない」と分析した。

最近のミサイル発射は北朝鮮が、中国との貿易再開の準備を進めているとみられる中で行われている。

中国の貿易関係者は、北朝鮮の列車が16日に北朝鮮との国境に接する中国の町に入ったことを受け、17日にも取引が再開される見込みだと述べた。

梨花大学のリーフ・エリック・イーズリー教授は「このタイミングは、中国が北朝鮮を経済的に支援するとともに、軍事的に協調していることを示している」と述べた。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up