November 7, 2018 / 5:53 PM / 5 days ago

ECB総裁、イタリアに規制超える規律で債務対応求める=関係筋

[ブリュッセル 7日 ロイター] - 欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁が5日の非公開のユーロ圏財務相会合でイタリアのトリア経済・財務相に対し、イタリアの高水準の債務は欧州連合(EU)規制を超える財政規律をもって対応する必要があるとの考えを示していたことが複数の関係筋の話で明らかになった。

5日のユーロ圏財務相会合では、各国財務相はイタリアの予算案はEU財政規律に反すると批判。2人の関係筋によると、ドラギ総裁はこの会合でイタリアの高債務と低成長には「EU規則を超える」対応が必要になるとの見解を示した。

この件に関してECB報道官はコメントを控えている。

イタリア中央銀行総裁を務めたドラギ氏は10月、予算案を巡るEUとのあつれきでイタリア国債が大きく売り込まれた際、国債価格の低下で総額3750億ユーロのイタリア国債を保有する国内銀行の資本が目減りする恐れがあると警告していた。

トリア経済・財務相は5日の会合終了後、イタリアは予算案の変更はしないと明言した。ただ関係筋によると、会合の場ではトリア氏はより融和的で、イタリア予算案の修正要求を盛り込んだユーロ圏財務相の共同声明の発表に反対しない姿勢を表明。予算案を巡る他のユーロ加盟国の批判に対し「私はエコノミストであり政治家でもあるが、この会合には政治家として出席している」と述べたという。

トリア氏の報道官は「経済・財務相はEU各機関といつでも協議する意向があることをこれまでも常に示してきた」としている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below