for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

「果物の王様」ドリアン、匂いの正体は揮発性硫黄化合物=研究

 10月9日、東南アジアで「果物の王様」として知られるドリアンのゲノム地図をシンガポールの科学者チームが作成し、強烈な匂いの正体は揮発性硫黄化合物(VSC)であることを突き止めたと発表した。写真は1999年4月撮影(2017年 ロイター/Simon Thong)

[ワシントン 9日 ロイター] - 東南アジアで「果物の王様」として知られるドリアンのゲノム地図をシンガポールの科学者チームが作成し、強烈な匂いの正体は揮発性硫黄化合物(VSC)であることを突き止めたと発表した。結果は科学誌ネイチャー・ジェネティクスに掲載された。

同チームは、VSCから一定の遺伝子グループを特定。この遺伝子グループが成熟の過程で活性化し、独特の匂いが発生することを発見した。

調査の共同責任者であるシンガポール国立がんセンターの副所長で遺伝学者のBin Tean Teh氏は「ドリアンの匂いの主要成分はVSCで、腐敗臭、タマネギ臭、腐った卵、硫黄、揚げたエシャロットのようだと表現されている」と述べた。

研究によると、他の植物ではこの遺伝子のコピーが1つか2つなのに対し、ドリアンには4つ存在し、VSCの生成が活発化されるという。

研究者らは、この匂いは野生のドリアンにとって、動物を呼び寄せ、食べて種子を散らしてもらううえで重要な助けとなっている可能性があるとしている。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up